2018 RVL*8 Sticky Icky Icky 104cm


販売価格 39,900円(内税)
購入数


拡大写真

この商品は11月下旬に入荷を予定しております。ご注文を頂ければ、入荷次第ご注文順に発送いたしますのでご了承ください。

2018 RVL8 104cm Sticky Icky IckyはSpliff同様、扱いやすいディメンションに仕上げてますが、板幅、キャンバー、及びロッカーを抑えてよりアイスバーン、圧雪等の雪質で最大の性能を発揮できるモデルになっています。同時に、十分な長さを確保することで、RVL8のラインアップの中でも最も万能な板と言えます。

インサートは通常の4x4と4x10を装備。4x4はセンターマウント、4x10は3cmセットバックとなります。(注:4x10インサートは当店で販売しているSpruce4x4解放式ビンディングのみ対応しています。4x4インサートはどの4x4ビンディングにも対応しています。)

SBS専属ライダー石川オサム氏のインプレッション

特徴はSpliff同様のキャンバード/ロッカードのコンバインド形状。 ただしこちらのロッカーの意味合いはSpliffのものとは異なるような感じを受けた。 Spliffがオールシチュエーションに対応できるよう設定にされているのに対し、 Stickyのロッカー形状は、もちろんオールシチュエーションも視野に入れてあるのだが、自分には特に操作性にフォーカスされているようなフィーリングであった。 Spliffと比較して、全長が5cm短いがロッカー量が少ないため、キャンバードエリアが長い。つまり、板の長さが104cmながらも、ターン時の「踏ん張り」として重要なキャンバーがしっかり確保されて十二分な働きをし、板幅も広すぎないことから直進時も回転時も取り回しやすく、これまでのスキーボードでは味わったことのない快適さが生み出されている。 そしてこのコンバインド形状により得られる恩恵は、パークライドにおいてももたらされる。 キッカーで回転系トリックの「きっかけ」動作をする際に、なんの抵抗もなくすんなり違和感なくリップを抜けることができる。これは驚くほどにストレスレスであり、大きなメリットである。 またStickyの丁度よいサイズのフォルムは、安定した空中姿勢を可能にするほかグラブもやりやすい。 クルージングでもパークでも、ライディングのステージを上げたい人には是非おススメのSticky。強すぎず多すぎないロッカーエリアのコンバインド形状だからこそ成せるその操舵性に、今後のスキーボード形状の未来を感じることができた。


お客様からのコメント
初めての印象は「速い!」。幅がある板は多少速度を犠牲にしなければならないけど、StickyIckyIcky(SII)は断然速い。次に感じたのは回しやすいこと。ブラントXLに慣れているせいか、僅かな入力で回るSIIは初めは回しすぎたほど。その感覚に慣れたら楽しいの何の。XLと比べるとサイドスリップが少ないのも特徴。エッジがしっかりとグリップしてくれます。ただ、ロッカー形状のおかげで回しやすい。SIIはカービングをマスターしたい人にもピッタリだと思います。



長さ 104cm
トップ幅 130mm
センター幅 10.6mm
テール幅 130mm
ロッカー(トップ・テール 2mm/8cm
キャンバー 5mm
コア ラミネーテッドバーチウッドコア
構造 全周ロックウェルカーボンスチールエッジ
ソール ISOSPEEDシンタード7500レースベース
適応ビンディング 非解放式(4x4、センターマウント)、4x4解放式(4x4利用時はセンターマウント、4x10利用時は3cmセットバック)、スノーボードブーツ用スキーボードビンディング


お買い物の流れ

板 → ビンディング → リーシュコード → その他の商品


輸入板国産板、更に最新のモデルまたはお買得の旧モデルからお選びください。

ビンディング
既に4x4(又は4x10)ビンディングをお持ちでない場合は、解放式ビンディング又は非解放式ビンディングからお選び下さい。何れも有料のビンディング取付サービスをお選び頂けます。

リーシュコード
RVL*8 Receptorはリーシュコードを附属していませんので、既にお持ちでない場合はリーシュコードもご購入されることをお勧めします。

その他の商品
必要に応じてその他の商品をお選び下さい。

もちろん、それぞれのアイテム単品のご注文も承ります。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける