2015 RVL*8 カークトンプソンプロ (KTP) 101cm


販売価格 36,750円(内税)
購入数


拡大写真



カーク・トンプソンは、卓越したレールを含むパークでの才能がRevelの目にとまり、スポンサードを受けることになったライダー。長年、他人がデザインしたボードを乗り継いだ後、やっと自分が納得できるボードを設計できることになった。RVL*8 KTPは、中級から上級のパークライダー、オールマウンテンライダー共に満足できるボード。市場で最もファットな部類に入るこのボードは、スキーボードとしては初の「予備4x4」インサートが設けられている。これにより、4x4ビンディングを通常のセンターマウントより、4cm後方に取り付けることにより、深いパウダーの滑走を容易にしてくれる。KTPのセクシーなグラフィックはカークとウェブデザイナーのマーチン・アゼベドのコラボレーション。

SBS専属ライダー石川オサムのインプレッション
こちらのボードは通常の4×4に加え、さらに4cmセットバックされたインサートホールがあり、計6個のインサートホールを備えている。 形状、フレックスともにバランスがよいため、通常の4×4のセットでは良い意味で特筆はない。 ただし、セットバックさせると話が別。全く別物の板に姿を変える。 板の長さは101cmではあるものの、セットバックすることでブーツ下からノーズまでの長さが増し、テール側が短くなる。したがって、ノーズ側には浮力が生まれ、テール側は浮力が減り沈むので、パウダーで威力を発揮しノーズが刺さりにくくなる。 またセットバックの恩恵はそれだけではなく、ゲレンデクルージングにおけるターンにもしっかり反映される。ブーツセンターがサイドカーブの弧の中心より後ろになるため、ノーズ側のエッジを最大限に使えるようになる。ターンの導入からターン中にかけてはノーズ側がしっかりグリップし、ターン終盤では短くなったテール側によりすんなり抜けやすくなる。 まさに一粒で二度おいしいスキーボード。

お客様からのコメント
最初は板の幅の広さに戸惑いましたが、慣れてくると、すごくカービングがしやすく、 足、特に「ふともも」の疲れを感じませんでした。 以前の板と違い、おさえこまなくても暴れない感じがしました。
キッカーにも挑戦しましたが、技術が伴わない為散々でしたが、着地の安定感は「さすが」 という感じでした。
「待ったかいがありました」
(島根県、N様)


長さ 101cm
トップ幅 155mm
センター幅 125mm
テール幅 155mm
コア ラミネーテッドポプラウッドコア
構造 トライアクシアルファイバー
ABSサイドウォール
全長デュアルカーボンビーム内蔵
全周ロックウェルスチールエッジ
ラバーフォイルダンパー
ソール ISOSPEED シンタード7500レースソール
トップシート ダイサブリメーテッドトップシート
適応ビンディング 4x4非解放式、4x4解放式(150mmファットブレーキのみ)、スノーボードブーツ用スキーボードビンディング
スキーヤー身長 メーカー推薦の最低身長
非開放ビンディング装着の場合:168cm
開放ビンディング装着の場合:152cm


お買い物の流れ

板 → ビンディング → リーシュコード → その他の商品


輸入板国産板、更に最新のモデルまたはお買得の旧モデルからお選びください。

ビンディング
既に4x4(又は4x10)ビンディングをお持ちでない場合は、解放式ビンディング又は非解放式ビンディングからお選び下さい。何れも有料のビンディング取付サービスをお選び頂けます。

リーシュコード
RVL*8 Receptorはリーシュコードを附属していませんので、既にお持ちでない場合はリーシュコードもご購入されることをお勧めします。

その他の商品
必要に応じてその他の商品をお選び下さい。

もちろん、それぞれのアイテム単品のご注文も承ります。



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける